富岡半島周遊コース(苓北エリア)

【総距離】6.5km
【移動時間】 約26分(各スポットでの滞在時間を除く)
【レンタサイクルお勧めプラン】 2時間プラン(500円)

 滞在時間次のスポットまでの移動時間及び距離(サイクリング)スポットでの滞在目安時間取扱施設・観光スポット等
10:00発3分(0.7km)富岡港(取扱施設)
110:03 - 10:081分(0.2km)5分間袋池
210:09 - 10:144分(1.0km)5分間富岡稲荷神社
310:18 - 10:587分(1.9km)40分間二の丸駐車場(苓北町歴史資料館・熊本県富岡ビジターセンター)
411:05 - 11:246分(1.6km)19分間四季咲岬公園&灯台
511:30 - 11:353分(0.7km)5分間富岡海域公園展望所
611:38 - 11:582分(0.4km)20分間富岡海水浴場&白岩崎海岸
12:00着富岡港(取扱施設)

富岡半島周遊コースマップ

富岡港船客待合所でレンタサイクルを借りてスタート❗

 富岡港船客待合所を出発し、富岡城の方向へ少し進むと三差路になっているのでそこで左折します。
 坂道を上っていくとまた三差路になっているので右折して進んで行きます。
 すると大きな池のところにまた三差路があるのでそこを右折します。

1. 袋池(ふくろいけ)

 城山の南西のふもとにある袋池は、かつて城下町であった富岡町の水源として重用されていたそうです。外敵から城🏯を守る外堀の役割も果たしていたそうです。
 この池には、大蛇🐍に姿を変えた悲しい娘の物語が伝説として語り継がれています。この伝説については現地に案内板が設置されています。
 また、袋池には道路から階段で少し下ったところに袋池神社⛩があります。ひっそりと静かな佇まいの神社も併せてご覧ください。

 
 

2.富岡稲荷神社

 この神社は天草島原の乱の後(1638年頃=約380年前)に、五穀豊穣、商売繁盛、火除けの神様として造られたと言われているそうです。初午祭には長崎から伝わった「蛇踊り」等が奉納され、親戚や知人、商売関係者等、多くの参詣者が集まる事から、縁結びの場としても知られるようになったそうです。
 昔は鳥居⛩の上に石を投げて乗ると良縁💕に恵まれるといういわれがあり、良縁を願って石を投げる人たちがいたそうです😄

 
 

3. 苓北町歴史資料館

 1637年の島原・天草一揆で、富岡城は幕府側の拠点として一揆軍から攻撃を受けたものの、必死の守りで落城は免れたそうです。その後破城され、現在は富岡城址に苓北町歴史資料館があります。同館には、天草・島原の乱において一揆軍の参謀とされた森宗意軒(もり・そういけん)が使ったといわれる薙刀などが展示されています。この薙刀の金具部分には十字が刻まれています。
開館時間:9時~17時(最終入館は16時30分まで)
休館日:木曜日(祝日の場合は翌日休館)
入館料:大人(高校生以上)300円、小人(小中学生)100円、幼児(未就学児)無料、団体割引(20人以上)2割引
※上記の施設名をクリックすると、苓北観光のホームページを別ウィンドウで開きます。
※上記の「森宗意軒」をクリックすると、天草四郎観光協会ホームページの「天草四郎の歴史」ページを別ウィンドウで開きます。同ページの「こぼれ話」の中で森宗意軒について紹介されています。

 
 
 
 

4. 熊本県富岡ビジターセンター

 富岡城址の本丸跡にあります。雲仙天草国立公園の内容を紹介し、天草地域の魅力ある自然景観、歴史・文化、環境などについての情報を発信しています。
開館時間:9時~17時(最終入館は16時45分まで)
入館料:無料
休館日:水曜日(祝日の場合は翌日休館)
※上記の施設名をクリックすると、苓北観光のホームページを別ウィンドウで開きます。

 
 
 
 

 二の丸駐車場から来た道を下っていくとすぐに三差路に出るのでそこを左折します⬅(来た方向とは逆の方向へ進みます)。
 田園風景の中を道なりに進んで行くとまた三差路に出るのでまた左折します⬅
 そのまま進んで行くとまたまた三差路に出るので今度は右折します➡
 道なりに進んで行くと再び三差路に出るので今度は左折します⬅(案内板があるので四季咲岬の方向へ進みます)。
 道なりにさらに先へ進んで行くと「四季咲岬」の方向指示版があるので、それにしたがい左折する⬅と四季咲岬公園の駐車場に到着します。
自転車を駐車場に置いて歩いていくと四季咲岬公園に到着❗

5.四季咲岬灯台

 四季咲岬公園のランドマークとなっている真っ白な灯台。
 晴天の日は、空や海の青、公園の緑とのコントラストが美しいです✨

 駐車場へ戻り、再スタート❗
 来た道を戻っていきます🚲
 富岡城址から来た際に曲がった三差路の所を今度は曲がらずにそのまま直進します。
 ゆるやかな上り坂をのぼっていくと道が二手に分かれているので右方向➡へ進んでいくと、富岡海域公園展望所に到着します。

6.富岡海域公園展望所

 富岡海域公園は、昭和45年7月に日本初の海中公園として指定されました。潮流の流れでできたといわれる陸繋島(りくけいとう)や砂嘴(さし)などの特異な景観を有しています✨
 本展望所は海中公園を眺める展望所として整備され、おススメの撮影スポットの一つです📸

7.富岡海水浴場&白岩崎海岸

 海水浴シーズンにはファミリーのお客様が多い富岡海水浴場🏖。海から駐車場、シャワー施設、お手洗いまでの距離が近く、小さなお子様連れでも安心して楽しめるのが理由のようです。
 また、すぐ近くには白岩崎海岸という純白の海岸があります。白い岩の正体は天草陶石で、天草西海岸からは良質の陶石が採掘されています。海水浴場から白岩崎海岸までは遊歩道が整備されています✨

 富岡海水浴場入口の道向かいにある家と家の間にある道路を通っていくと、富岡港船客待合所がすぐに見えます🚲

;